人のことが羨ましくてたまらないからって嫉妬の鬼にならないで

私は自分の良いと思ったことをするし、やりたくないことには興味が持てないのでやらない、というかやれない。

例えばイベントでも、興味がないのに参加したりするのも主催者にとって失礼だと思うので、(そこで出会いもあったりするから行くことに意味があることもあるんだけど)楽しいものにしか行かない。なので私が発信するものは楽しそうに見えているみたい。実際楽しい。

私はブログの他にフェイスブックをやっていて、そこに毎日どーしたこーしたって投稿をしています。

その投稿を見て、私に嫉妬する人が出現。

私に嫉妬って(笑)

嫉妬する意味がわかりません。
あなたもやりたいことやればいいのに。

今できない、勇気がなくてできない、環境が、家族が、年齢がお金が、って、それ私に関係ない。あなたの問題。
私にだってハードルはある。子供まだ4歳だもん。そうそう自由にはできない。親の介護だってある。家事だって育児だって、私がやってるんだから時間はかなり有限。その上仕事してるんですよ。
でも、ハードルなんて自分で設定したものなんだから、乗り越えられる。

乗り越えない、を選択しているのはあなた。
私にはできない、を選択しているのはあなた。
人を羨ましがる、を選択しているのもあなた。
努力しない、を選択しているのもあなた。

私がただ気楽に生きてると思う?何の努力もしてないと思う?

きっと永遠にわかり合えないんだろう。

あなたにもできるよ!助けてあげる!って、そんな話をしてるんじゃない。人のせいにすんなって話。
やることやらずに人の足を引っ張ることに精を出すってさ、どんだけ不毛なんだ。非生産的なんだ。
そっちに使うエネルギーがあるなら、やりたいことやればいいんじゃないですか。
やりたいことがわからない、とか言わないでさ。

nanasann