赤ちゃんに抱き癖をつけて楽になりましょう。スリングが助けてくれます。

抱き癖がつく!とか、
抱き癖をつけないほうがいいよ!とか、
年配者からアドバイスを受けたことがあるママは多いと思います。真に受けてませんか?抱き癖はつけたほうがむしろ良いですよ。

最近では浸透してきていますが、抱っこは、すればするほど気持ちの安定した良い子を育てます。
えーんて泣いたらすぐママが来てくれるのと、シカトされるのと、どちらが良い子に育つと思いますか?
私は、すぐ来てくれた方が良い子に育つと思います。
シカトしてたら親にとって都合の良い子にはなるかもしれませんが。
シカトされて育った子はシカトを学びます。
抱っこされて育った子は抱っこの気持ちよさを学びます。

何度呼ばれようが、そばに行って抱っこしたりあやしたりしていると、赤ちゃんのぐずる回数が減ってきます。いつも満たされている赤ちゃんはぐずりません。
ぐずらないでニコニコしている赤ちゃんは、ほんとにかわいいです。なんか泣きそうになるくらいかわいいです。

抱っこしたら赤ちゃんがますますかわいくなって、ぐずらなくなって、ママの気持ちにも余裕が生まれます。赤ちゃんの泣き声はストレス。泣く回数が減ります。
抱かずに泣かせておくことのメリットって、思い付きませんが、すぐに抱っこするデメリットも思い付きません。

ママの身体が辛いとき、誰にも助けてもらえないとき、スリングが助けてくれますよ。
スリングは『魔法の抱っこひも』と言われていて、正しく使うと赤ちゃんは心地よさにすぐに眠ってしまいます。赤ちゃんが眠っているときしか休めない生活。スリングを使わないのはもったいない。新生児から使えますよ。

スリングはママの身体への負担を激減させます。
私も二人目は最初からスリングを使えたので腱鞘炎にならずに済みました。上の子の時はほんとに手首が痛くてね~。サポーターつけてましたよ。冬生まれの娘にスリングを使えるようになったのは初夏でした。それまで試行錯誤。

私もなんでこんなにスリングにこだわったのかよくわかりませんが、とにかく楽になりたかった。その一心でスリングに挑戦していました。がんばってよかったですよ。楽だもん(^-^)

楽だったから、子供のことがとってもかわいかった。今も変わらずかわいいですが、赤ちゃんの頃は外に連れていくのが楽しくて仕方なかったな~。かわいいから、私を見かけた人のことも癒していたように思います。かわいいわね~ってよく声をかけられた。

抱き癖をつけて楽になる!
これは多少時間はかかりますが、ママが楽になる近道なんです。やってみる価値があります。
たくさんたくさん抱っこしてあげてください。泣かなくなるまで、赤ちゃんの欲求を満たしてあげてください。満足している赤ちゃんはかわいいですよ。
抱っこしてほしくて泣く、なんてさ~。かわいいよね
あと、置いたら泣く、のもかわいいママの抱っこは気持ちよくて安心するんだね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中