新生児期に縦抱きできるのが大きなメリットのスリング。正しく抱っこをすると、赤ちゃんの理想的な姿勢が保たれます。

赤ちゃんは関節が未完成であり、両足を伸ばした状態で横から圧力をかけると脱臼してしまいます。足を子宮に入っていた時のようにM字に曲げた状態でスリングに入れてください。横にして横から圧力をかけるのは危険です。

縦抱きした途端に泣き止むことも多いこの時期。赤ちゃんを楽に抱っこしましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中